心理部門

心理療法って?

心理療法とは、悩みや心配なことを解決していくための治療方法です。基本的に心理士(専門の勉強をしたスタッフ)が担当します。

どのような場合にも、医師の診察を受けていただき、それぞれの患者さんの状態によって、必要な治療を判断していきます。

相談の例:学校に行きたくない、友達と上手く遊べない、授業中に出歩いてしまう、言葉が遅い、話しかけても振り向かない、人見知りがひどい、発達障害じゃないか?等

こんな相談を受けています

治療の流れ

治療の方法

カウンセリング

抱えている悩みや心配事について、心理士と継続的に話し合います。
予約制で、時間は1回につき30分から50分程度です。
担当の心理士との信頼関係の中で、自分の気持ちや考えについて、ゆっくりと整理をしていきます。
お子さんとのお話だけではなく、保護者の方からもお話を聞かせていただく場合があります。

プレイセラピー

カウンセリングの一種です。子どもの場合は気持ちを言葉にするのが難しかったり、心配や不安を意識できないことも多くあります。
そこで、心理士と一緒に遊ぶということを通して、緊張を和らげ、遊びの中で感情を自由に表現できるようにしていきます。
守られた安心できる環境と、安心できる関係性の中で、心理士に自分の気持ちを受け止めてもらう体験を通して、
気持ちや考えを自覚し、適切な形で表現できるようになっていきます。

詳細はこちら

療育

発達に心配のあるお子さんを対象に、お子さんの発達段階に合わせて、言葉や運動、社会性などを伸ばす関わりをしていきます。
個別療育と集団療育があり、お子さんの状態に合わせてご案内をしています。

集団療法

放課後や、学校が休みの土曜日を中心に、同じような年齢や特徴を持ったお子さんが集まって、心理士と一緒に色々な遊びをしたり、語り合ったりしています。少人数の関わりの中で、安心感を育てながらいろいろな経験を重ね、楽しい気持ちを共有し合える仲間づくりをしています。

詳細はこちら

心理検査

悩みや心配事を整理していくための方法として、心理検査を用いることがあります。自分の得意なことや苦手なこと、他者との関わり方の特徴、心の奥に抱えている気持ちなどを調べることができます。心理検査の結果は、カウンセリングで共有していきます。また、御本人の了承の元、学校生活や就労の支援にも繋げることができます。

詳細はこちら

ペアレント・トレーニング

スタッフや他の親御さんと共に、お子さんに合った関わり方を考えていくプログラムです。「ほめる」ことを通して、親子が「できるようになる喜び」を共に感じられる関係になることを目指しています。
また、一緒にトレーニングに参加した親御さん同士の情報交換やコミュニケーション、仲間づくりの支援をします。

時間は?

時間は1回につき30~50分程度です。 完全予約制となっています。

© 2021 医療法人社団至空会
心理
福祉支援
関連施設